社会保険労務士法人グランディス
[1]トップページ
[2]社会保険料コンサルティング
[3]給与計算代行
[4]労働・社会保険手続代行
[5]就業規則作成・改定
[6]料金体系
[7]事務所紹介
[8]採用情報
[9]お問合せ

メニュー:社会保険料試算
[#]次へ
社会保険試算

こちらでは、社会保険加入をご検討の会社様に対し、手続きをご依頼いただく際に、ご加入後社会保険負担

いくらくらいになるのかを試算させていただいております。

 社会保険料試算

    保険料の会社負担はこんなに増えている!!

    社会保険に適正加入するメリット

    当事務所に依頼するメリット

    料金について



保険料の会社負担はこんなに増えている!!

平成25年では、年収400万円の社員を1人雇い入れると年間約52万円(13%程度)の会社負担が発生し

ている状況です。もし20人雇っていると、単純に考えて社会保険料だけで年間で約1,040万円もの金

額を支払っている計算になります。

少子高齢化が進む中で、健康保険は、協会けんぽとなってから保険料率は上昇を続けていますし、

厚生年金保険も保険料率が平成29年で毎年0.354%ずつアップして、最終的に18.3%まで

上昇し続けることが決定しています。

 

ではいったい過去からどれくらい保険料率が上昇し、負担額が増加しているのかを、わかりやすいように

具体的な数字やグラフにして「見える化」してみましたので、以下をお読みください。

まずは健康保険(埼玉県の料率とします)からです。

 

 

平成21年8月頃は政府が運営していたため全国一律で4.1%でしたが、平成21年9月から協会けんぽが

運営することとなってからは、徐々に右肩上がりで上昇を続けています。

平成25年3月からの保険料率は、さすがに据え置きとなりましたが、今後も同様に据え置きが続けられる

といった安易な考えが通用しないのは、皆様ご承知のとおりです。 

それでは上記の表を実際の会社負担額として、年収400万円(標準報酬月額340,000万円)の方を

1人雇用していることを例に挙げてご説明いたします。

 

 

平成21年8月から平成25年3月までの間に、月額で2,958円年間で35,496円)増加しています。

次に厚生年金保険も同様に考えてみましょう。

 



厚生年金保険は、保険料率を平成29年で毎年0.354%ずつアップして、最終的に18.3%まで

上昇し続けることが決定していますので、上記のようなイメージになります。

これを実際の負担額でみますと


こちらは平成20年9月から平成24年9月までの4年間で、既に月額で2,407円年間で28,884円

増加しており、健康保険と合わせれば、最近の4年間で1人あたり月額64,380円も負担増 

なっていることがわかります

少しずつ上がってきているので、多少麻痺されている部分もあるかもしれませんが、

もし10人雇用していたら、ここ4年間で64,380円×10人=643,800円も負担額が増加している

ことになります。100名も雇用していたら・・・と考えるだけで驚くような大きな負担です。

 

営業利益率5%の会社だと、売上換算で約1,290万円にも相当します。

平成20年頃から、もし何の対策もしていないのであれば、単純に考えて現在は当時より 

1,290万円売り上げが増加していなければ、当時と同様の営業利益が上げられない

ということです。(なぜ売り上げに関係するのかは、「社会保険料決定の仕組みを知ることの大切さ」の

ところでご説明します)

今までと売り上げがほぼ変わらないのであれば、当然業績は落ちていく一方なわけです。

さらに今後、健康保険料率が上がらないと仮定しても、平成24年9月〜平成29年9月までの間に、

厚生年金保険料だけで、月額で2,006円年間で24,072円も負担増が発生してしまう

ということも忘れないでください。

このように、黙っていても社員1人あたりにかかる費用はどんどん膨らんでいきますし、 その分売上を向上

させていかなければならないといったプレッシャーが、経営者層にさらなる圧迫感を抱かせて、

営業社員の成績等に異常に厳しくなりすぎたりすることもあります。

そうなると、保険料の支払いに気を取られるあまり、会社の雰囲気自体が悪くなってしまって、

生産性がさらに落ち込んだり、有能な社員が退職してしまうなど、経営に悪影響を及ぼす可能性も

十分考えられますので、対応には十分注意が必要です。

 



社会保険に適正加入するメリット

現在年金事務所では、全国の社会保険未加入会社に対して随時通知を出し、社会保険への適正加入活動

実施されていますし、加入済みの会社に対しては、定期的な調査も実施されるようになっております。

また、社会保険に加入していない会社がフルタイムでの募集をハローワークで出そうとしますと

受理されなくなっております。

社会保険に加入していなくても、まだまだ大丈夫だろうという状況は終わりを迎えています。

 

ですが、当法人では、社会保険に適正加入して保険料をしっかり支払っていかなければならない

時代を迎える中で、社会の状況を悲観するのではなく、どう前向きに捉えていくかが重要になってくると

考えています。

 

【適正加入のメリット】

@社会保険に適正に加入して保険料をしっかり支払っていれば、助成金が受給できる可能性がある。

 これを機にまずは活用できそうな助成金がないか検討してみるのも一つの案です。

 また、助成金を受給していくためには、就業規則の整備や、雇用契約書の整備、それらに基づいた

 勤怠管理や、規定にしたがった給与計算などが必要になってまいります。

 検討・実行していくことで、労働者が働きやすい環境が整っていったり、健全な運営に改善されることにも

 繋がります。

 

Aハローワークにフルタイム等の求人募集ができるようになる。

 社会保険に加入している会社であれば、受け付けてもらえるようになります。 

 求人の際には適当に社会保険に加入するような形で書いてしまえば良いかというとそうではありません。

 会社が初めてハローワークで求人募集する場合、社会保険に加入しているかどうか、

 年金事務所の通知を提示して確認されることになります。

 

B求人の応募が増える可能性がある。

 入社後、社会保険に加入できなさそうな求人を応募者が見ますと、やはりおかしいと感じると思いますから

 応募自体が減っていることも考えられます。

 しっかりと社会保険に適正加入させていますと、実際に応募が増えることがあります。

 

適正加入の検討を機に、一旦会社全体の労務管理を見直すことで体質改善され、

良い人材が集まるきっかけになることもございます。

もし、適正加入をお考えでしたら、どうしていくのが最善か、会社様と一緒に検討させていただいております。




[#]次へ

お問い合わせ先
048-782-6198


▲上へ
埼玉県さいたま市の社労士 | 社会保険労務士法人グランディストップページ